タクシー会社に転職する方法

タクシー会社に転職する人が、年々増えているそうです。タクシー会社には定年制度がない企業も多く、長く働けるというメリットがあることから転職を希望する人が多いのです。

ところで、タクシー会社に転職したい場合には、どういったステップを踏めばよいのでしょうか。スキルや資格は必要なのでしょうか。
まず、タクシードライバーのように、乗客をのせて運転を行うためには「第二種運転免許」の取得が必要となります。といっても、免許を取得してから採用選考を受けるばかりではなく、タクシー会社で免許取得の費用を負担してもらえる場合があります。(もちろん、タクシー会社全てではなく、企業によって制度はまったく違いますので確認が必要です。)したがって、意外と免許取得のハードルは低いのかもしれません。未経験の方は免許取得のサポートをしてくれる企業を探すと良いでしょう。

運転技術のほかに、地理的感覚が重要です。基本的に車両にはカーナビが搭載されていますが、乗客を目的地まで速やかに運ぶことができなければいけません。

忘れてはいけないのが、コミュニケーション能力です。タクシードライバーはあくまで接客業であり、乗客の様子を観察し、気配りをする必要があります。乗客の要望(行きたい場所や、車内の環境など)に応えていく姿勢が大切です。時には酔っ払った人やマナーの悪い乗客もいますので、そういった人を載せた場合の対処能力も身に付ける必要があります。

また、タクシードライバーは運転時間・待ち時間が長く、夜も遅くまで働く場合が多いので、身体的にもタフでなければいけません。運転は基本的にルーチンワークだということもあり、長時間運転することが苦にならない人でなければ、仕事を続けていくことは難しいでしょう。

これらの資格・スキルを持ったうえで、タクシー会社も普通の会社同様、面接や研修といったステップを踏みます。タクシー業界は比較的、求人の多い業種ですが、社会人としての規律をしっかりと守っていなければ当然採用されません。

タクシードライバーは一見簡単そうですが、スキルを要する仕事です。転職をする際は、しっかり考えて決めた方がよさそうです。

あとは地域です。できれば自分の地元やある程度地理に明るいところで経験を積むほうが精神的にもかなり楽ではないでしょうか。私の場合であれば、横浜生まれの横浜育ちで生粋の浜っ子なので、タクシー運転手の転職に「横浜市」のおすすめ4社などを参考にしています。

ある程度の都市のほうが地方よりはお客さんも多いのでおすすめですが、いきなり全く知らないところだとかなり戸惑うと思いますので、そこは特に気を付けましょう。