実写ドラマはやっぱりつまらなかったです

漫画やアニメの実写ドラマは、いい物はいいけど良くない物はよくないですね。
ヒットするととことんヒットしますよね。
花より男子とかがいい例ではないでしょうか。
デスノートとか逃げるは恥だが役に立つなども実写になって人気が出ましたよね。
最近私の好きな漫画が実写化放送されたので見たのですが、もう残念というくらい期待はずれでした。
その作品は過去にも何度も実写化されているのですが、アニメや漫画には全然適わず今まで一度も面白いと思ったことがありませんでした。
配役が悪いとかではなくて、脚本が悪いなと思いました。
その理由はストーリーが原作と違って全体的に暗くて見ていて憂鬱な気分になるような内容だったからです。
原作が元々ギャグテイスト満載なのに、ドラマではシリアスなシーンが多くてこんな暗い世界はいやだと思いました。
やっぱり実写化をするならばもっと原作に忠実にしないといけないと思います。
楽しめた人もいるかも知れないけど私はつまらなかったです。