自己破産の依頼を司法書士に頼んで費用節約!

カード払いや借金がかさんで、最後の手段として債務をチャラにできる自己破産という制度があります。通常、こうした法的な契約や債務については弁護士の管轄で、多額の依頼料を払って弁護士にお願いするものだと思われがちですが、実は司法書士でもある一定の条件では自己破産の手続きができます。

司法書士は、登記や供託など一定の法律書類を作成することができる資格ということは広く知られています。しかし、訴訟や申し立てについて一定の条件下では、司法書士も行うことができるのです。自己破産もそのうちの1つになります。

以下の条件で、自己破産の依頼を司法書士にすることができます。

1.「認定司法書士」が行う(通常の司法書士不可)
2.個別の債権額が140万円よりも少ない
3.少額管財事件は担当できない
4.自己破産の依頼人が裁判所へ行く回数が弁護士は1回なのに対して司法書士は2回行く(手間がかかる)

借金の金額が多い場合は弁護士に頼むしかありませんが、少額でかつ自己破産せざるを得ない場合、依頼料が安い司法書士に頼むというテクニックがあります。

弁護士に頼む場合は50万円前後が相場ですが、司法書士に依頼するとその半額、25万円~30万円で済むケースが多く、本当にお金に困っている依頼人にとってはありがたい権能が司法書士には付与されています。

司法書士に依頼する場合、弁護士のように「着手金」+「成果報酬」ではなく、一括込々の価格になっていることが多く、依頼人も安心してお願いすることができます。

この違いは、勝てるかどうかわからない訴訟を扱う弁護士と、行政手続きや司法手続きの書類作成(失敗する可能性が低い)など、堅実な業務を中心にしている司法書士の違いですね。

着手金+成果報酬は弁護士の報酬体系で、司法書士は「1件〇万円」という報酬体系になっています。これが自己破産の申し立ての場合にも表れてきています。

中央区八丁堀の司法書士ならば自己破産に強い司法書士もたくさんいますので、検索していただくか司法書士会に問い合わせてみてください。債務整理、自己破産に強い司法書士を見つけることができるはずです。

ただし、債権者が反訴するなど反論、反撃してきた場合、応訴できる弁護士の方がコスパがいいかもしれません。一点注意させていただきます。