外国人が日本に長期滞在したり働いたりするには就労ビザが必要

皆さんはビザという言葉を聞いたことがありますか?
ビザそのものを見たことが無くても聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

就労ビザとは、観光目的以外で長期滞在する外国人が持っていなければいけないものです。

【ビザを手にするにはどうすればいいのか?】
ビザはあらかじめ出国前に手にしておかなければいけません。
しかし、就労ビザという物には期限があります。
取得したビザの内容で期限はまちまちです。
就労ビザの期限が切れたまま外国にいる事が分かれば
日本国内では1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

【ビザの種類にはどんな種類があるのか?】
ビザの種類には様々な種類があります。
留学するために長期滞在している学生には留学ビザがあり、就労目的で滞在している外国人には就労ビザがあります。

就労ビザの中でも職種や行う経済活動内容で事細かにビザの種類が分けられています。
一つの就労ビザで多くの活動を行うことは出来ません。

きちんと法務省の許可を貰わなければいけません。

【ビザを得る為に必要な物】
ビザは出国前に自国で取ることが可能です。
その為には、ビザの申請書、証明写真、身元保証書、学歴を証明するものパスポート、履歴書などの書類が必要となります。

日本で働く場合には日本企業が専門の行政書士を雇っている場合も多く、雇用主に任せてビザの申請を行う場合もあります。

【まとめ】
日本で外国人が長期的に活動するためにはビザが必要です。
ビザの取り方をよく勉強してビザ取得をしましょう。